MENU

男性をその気にさせる視線テクニック

スポンサーリンク

彼氏がほしいけど、男性に声をかけたり、誘う勇気がでないというそのような女性もいるのではないでしょうか。
声を掛ける勇気はなくても、男性に視線を送ることくらいならできそうな気がしませんか?
視線のテクニックをうまくつかえると、男性側から貴女に声をかけさせることができます。
これなら、あなたは、声をかけられるのを待っているだけで良いわけですね。


では、この視線のテクニックというのはどういったものでしょうか。
男性は、多くの場合、勘違いしやすい生き物です。
ちょっとしたことで、「もしかして、俺に気があるのかな!?」などと簡単に期待してしまうものなのです。
視線のテクニックというのは、この男性心理を利用する方法になります。

スポンサーリンク

具体的に言いますと、
・1〜2秒ほどだけ、男性の目を見つめて、そのあとパッと視線をそらす
という視線のテクニックです。

 

通常、人間は、見つめ合うことを嫌います。
人間一般というよりも、日本人が特にそうなのかもしれませんが、視線の強いひとに何秒間も見つめられると、目を外したくなってしまうのが通常です。


それなのに、一定秒数見つめてくるということは、何かしらの意図があるはずだというのが男性を勘違いさせる構図です。
そして、見つめられて、ぱっと視線を外されると、男性からすると
「あれっ?勘違いかな?それとも、恥ずかしいから目を逸らしたのかな」
というように考えるのです。
こうして、自分に気があるのかもしれないと思った男性は、意気揚々と接触を図ってくるというわけですね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加