MENU

男性が返信をしたくなるポジティブなメール

スポンサーリンク

メールというのは当たり前のように毎日だれかに送信をしているものですから、自分のよく使っている表現や自分が作成したメールの本文を冷静に見つめ直したり意識して言葉を選んだりする機会というのはそうそうありません。
しかしながら、男性に対して好印象を与えられるようなメールを送るためには、ポジティブな表現を散りばめた本文を意識するということがとても効果的なポイントとなります。


同じ話題を振るにしても、ポジティブな表現なのかネガティブな文章なのかによって、相手に与える印象は大きく変わるものなのです。
そもそもメールを送るのがあまり好きではないという人が多い傾向がある男性ですから、少しでも返信をしたいなと思えるような相手になれば、男性から特別な存在として意識してもらえるきっかけにもつながります。

スポンサーリンク

たとえば、前夜の飲み会を終えたあとの翌日のメールの文頭の1文めに、「昨夜はおもわず飲み過ぎてしまい、重たい頭を抱えながら出勤したところです」と打ったとします。
同じ飲み会に参加していた別の女性が同じ相手へのメールの文頭に「昨夜はご一緒したお酒が進んだので、楽しい飲み会の気分そのままに出勤したところです」と打ったとしたら、男性はどちらの女性への返信を優先するでしょうか。


だれもが迷うことなく後者だと答えるはずです。
同じことを話題にするにしても、ポジティブで相手のテンションを高めてくれるような表現を意識したメールで、返信をしたいなと思える女性を目指してください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加