MENU

教えてほしいと言われると喜ぶ男性の心理

スポンサーリンク

天然ボケのキャラクターであったり、なんとなくアホっぽい雰囲気を持っていたりする女性にかぎってなぜか男性からよく声をかけられているように感じたことはありませんでしょうか。
芸能界においでも、だれもが知っていそうな当たり前の常識をあえてわからないというふりをしているアイドルが人気を博していて不思議に思ったことがあるという女性も少なくないはずです。


これは、男性に特有の心理として「自分が教えてあげている」ということに優越感と快感を抱くという傾向があるからです。
この心理をうまく活用できる女性というのは、男性からいつでもなんとなく声をかけてもらえたり優しくしてもらえたりするものです。

スポンサーリンク

なんでも知っていたり気になる異性が好きな趣味について「ああ、わかる」とか「はい、知っています」とか本当はあまりくわしくないのに良かれと思って見栄を張ったりする女性もいますが、これはマイナスの効果につながってしまいます。
また、知らないことやわからないことを話題にされたときに、間髪入れることなく「知りません」「わからないから」と突っぱねてしまう発言もありますが、これもNGです。


男性から自分が知らないことやわからないことを話に出された時は、男性へ女性としてのアピールをする大きなチャンスだと思ってください。
素直に「知らないので、教えてもらえますか?」「興味があるから、もっと話してくれる?」と教えを依頼しましょう。
男性は、自分が教えてあげなくてはいけない存在だという意識を持つことで、自然と可愛い女性という印象を抱くはずです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加