MENU

男性と同じ味を共有するというアプローチ

スポンサーリンク

合コンや飲み会、各種パーティーといった席というのは、男性と女性がいっしょに飲み物や食べ物を共有しながら時間を過ごす場です。
このような機会は男性にたいして意識してもらえる女性になる絶好のチャンスですから、積極的に気になる男性と同じ味を一緒に楽しむアプローチをしましょう。


そもそも男性と女性が一緒に食事をするということは私たち人間の本能の心理的にかなり深い意味があって、親密であることを示す代表的な行為です。
「胃袋を掴むことが出来ればプロポーズしてもらえる」と言われることもありますが、食欲を満たすことは心理的な満足につながりますし、気分も良くなります。
ここでまったく同じ味を異性同士で一緒に楽しむとなると、無意識のうちに相手を特別な存在として意識するようになるというわけです。

スポンサーリンク

食事の席においては、自分が今まさに食べたり飲んだりしているものを気になる男性に対してさりげなく勧めるようにしましょう。
ブッフェは大皿料理では「このサラダすごく美味しいから、○○さんも食べてみて」と笑顔で勧めながら、自然と同じ味を共有してください。
相手の男性はあなたと同じ味を口にしていると考えるだけで、自然と異性として意識するはずです。


慣れてきたら、「その日本酒おいしい?私も飲んでみようかな」と相手が口にしている味を自分も共有したいというアピールもプラスするとさらに効果的です。
また、特別な席でなくても、オフィスの休憩時間に「おいしいよ!」と今まさに食べているチョコを分けてあげたり、「私もそれにしよう」と男性と同じコーヒーを買ったりするといった方法でも簡単に活かせるコツです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加