彼氏がほしいけど作り方がわからない!そんな貴女に贈る

MENU

おごられ上手になろう

スポンサーリンク

デートで食事をしたときの支払いなどで、男性に気持ちよく奢ってもらうテクニックがあります。

 

別の項でもお話しましたとおり、奢られて当然という態度はもってのほかです。
当たりまえのこととして、おごってもらったら、お礼は必ず言いましょう。

 

そして、男性が支払っているときは、その場から離れましょう。
飲食店などであれば、男性がレジで支払っているのなら、先に店からでて、外で待っているということです。


中には、支払っている姿を女性にアピールしたい男性もいるかもしれませんが、社会人のマナーとしては、おごっている側は支払っている姿を見られたくないものなので、おごられる側は先に店を出ておくものなのです。

 

こうすることで、社会人のマナーもちゃんとわかっている女性なんだなということも男性に見せることができます。

 

また、男性に完全におごられないということも必要になってきます。
どういうことかというと、おごってくれたお礼にということで、車の中で飲む缶コーヒーを男性におごったりするのです。

 

あるいは、店の選択をゆだねられた場合には、あえて安めの店を選ぶのです。

スポンサーリンク

そして、別の方法としては、何回かに一回は女性側から男性に奢るということです。
たとえば、3回奢ってもらったら、「いつも奢ってくれて、ありがとう!たまには私が出すよ!」といって、4回目の時には、女性が男性の分の支払いも出すのです。

 

こうすることによって、男性は、気立てのいいすてきな女性だという印象を強めることになります。
さらに、こうやって、たまに奢り返すということは、デートの口実にもなります。
どういうことというと、「いつも奢ってもらってるから、今度は私に奢らせて」とか、「初めてボーナスをもらったから、いつもお世話になっているお礼に私に奢らせて」といって、男性に奢ることを目的として、デートに誘うことができるのです、。


これをされた男性はきっと、相当うれしいはずですよ。
こうやって、おごったりおごられたりということを繰り返していくと、二人の関係性を発展させることにもつながるのです。

 

ここで説明した、上手な奢られ方のテクニックを活用して、モテる女になりましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加