MENU

男性に嫌われるおごられ下手の女性

スポンサーリンク

男女いっしょにレストランやバーなどで食べたり飲んだりしたとき、とりあえず男性がおごるのが常識と考えているひとというのはとても多いものです。
実際に男性も、女性といっしょに外食をしたときには男性が払うというのが礼儀であるし、スマートに男性が払うことで男らしさを見せたいと考えているひとも少なくありません。


しかしながら、だからといって我が物顔で当たり前のように男性にお金を払わせてしまうようでは、彼女にしたいなぁと思われる女性とはかなりかけ離れた存在になってしまいがちですから、気を付けてください。
食事を終えていざお会計をすることになったら、男性が先に財布を取り出したり店員さんに伝票を差しだしたりするケースが一般的ですが、このようなときには女性だからといって何もしないのではなく、かならず一度はお財布を手にして払う素振りを見せましょう。

スポンサーリンク

確実に男性が払ってくれると思われるシーンであっても、これは男性に対する最低限のマナーとして認識したうえでかならず行ってください。
そして、「いくらだった?」「私はいくら払えばいい?」と自分も支払うという姿勢を見せましょう。


男性は女性が自分のことを財布のように扱うような彼女や妻は絶対に避けたいと考える傾向がとても強いです。
ただの歩くATMといった存在になりたくないと考えますから、女性がおごられて当たり前という態度を見せたら確実に彼女としての候補からは下がります。
おごってもらえたときや多めに払ってもらえたときには、かならず「ありがとう」の感謝の言葉を忘れないでください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加