MENU

男性が気付くまで見つめ続ける大切さ

スポンサーリンク

異性からの視線というのは、男性であっても女性であっても無意識のうちについつい意識してしまうものです。
なんだか視線を感じて顔を向けてみたら異性とふいに目が合ったというシチュエーションは、だれでもおもわずドキッとしてしまいますし、相手のことをなんとなく気にかけるきっかけにもなります。


モテる女性というのは、合コンの席や飲み会の席においてはもちろんのこと、普段から男性のことをじっと長い時間見つめているという共通点がよく見られます。
なんとなく気になる相手のことをちらちらと見たり見なかったりしながら自分に声をかけてほしそうにしている女性も多くいます。
しかし、このようにちらちらと断続的に視線を送るという女性とじっと長い時間をかけて見つめてくる女性がいたとしたら、男性がより気になるのはあきらかに後者の視線です。

スポンサーリンク

好きな相手を見つめ続けるのは恥ずかしいとか、もしも目が合ってしまったらどうしたら良いのかわからないとかいう恋愛初心者の声も少なくありません。
とはいうものの、長い時間をかけて相手が気付いてくれるまでじっと見つめている女性のほうが彼氏はできやすいというのは定説として知っておきましょう。


たとえ一生懸命に気になっている相手へと視線を送ってみても、相手がその視線に気付いてくれなければ意味がありません。
思いを伝えるのが上手な女性というのは、男性がきちんと自分の視線に気付いてくれるまで視線を送り続けるものです。
相手の目に視点を集中させると変に威圧感を与えることもあるので、なんとなく相手の眉間のあたりをぼーっと見つめる感覚で視線を送ると良いでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加