彼氏がほしいけど作り方がわからない!そんな貴女に贈る

MENU

男性から告白されたら

スポンサーリンク

男性にもてるためには、ある程度、男性に対してスキを見せることも必要です。
そして、適度に男性に対して、スキを見せていれば、男性側から女性に対して、告白されることがあります。

 

そのときに、彼氏など特定の相手がいなければ、その男性が気にいったなら、付き合えばよいですし、嫌なら断れよいだけの話ですが、断る際にも上手に断りたいものです。

 

また、場合によっては、彼氏がいるにもかかわらず、告白されるようなケースもあることと思います。


そのような場合、上手に対処して、相手からの告白をさばかないと、トラブルに発展してしまいます。
そのため、このように彼氏がいて、相手からの告白を断らなければならない場合と、フリーであっても、タイプでない男性からの告白を断らなければならない場合の上手な告白のかわし方を用意しておく必要があるのです。

 

まず、彼氏がいる状況で男性から愛の告白を受けた場合、やはり、ストレートに自分には特定の相手がいることを男性に対して、伝えるのが最も良いでしょう。

 

そして、そのように伝えたうえで、今の自分の気持ちはどうなのかということをしっかりと伝えるのです。

スポンサーリンク

モテる女になりたい、いろいろな男性にちやほやされたいと考える女性なら、せっかく告白されたんなら、完全に切ってしまわず、キープしておきたくなるかもしれません。
しかし、そのようなあいまいな状態を生じさせてしまうと、揉め事に発展してしまい、変なうわさが回ってしまうこともありえます。

 

そうなってしまったら、男性側から避けられてしまい、もてることすらなくなってしまいます。
やはりここは誠意ある対応を見せましょう。

 

スキは作っておいても、断るときははっきり断るのが、大切です。


それでは、次に、特定の相手がいなくても、タイプでなく付き合う気のない男性からの愛の告白を受けた場合は、まずは友達からはじめましょうなどといった、あいまいな返事をして、とりあえず、キープしておいてもよいでしょう。

 

しかし、あくまで「友達から」と言った以上、もしもその男性がさも彼氏であるかのような振る舞いをしてきたら、きっぱり振るということも大事です。

 

なぜなら、ここできっぱり振るということをしないと、もうすでに付き合っている特定の男性がいるのだと判断されて、他の男性からもてなくなってしまうからです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加