MENU

料理下手でも男性に家庭的と思われるコツ

スポンサーリンク

「男性の胃袋をつかむことができる女性は結婚できる」というフレーズを耳にしたことがあるというひとはとても多いのではないでしょうか。
家庭的で料理が上手な女性というのは、男性から彼女にしたい候補としてだけではなく、お嫁さんにしたい候補としてもピカイチの人気です。
そのため、ただ遊ぶだけの相手ではなく、いつまでも本気で大切にしてもらえる彼女になることができる大きな武器が、料理というわけです。


とはいうものの、頭ではわかっていても普段から料理をする機会がなかったり、そもそも料理自体が嫌いだったり、小学生レベルで目玉焼きの作り方もよくわからないという女性は意外と多いものです。
料理に興味があればこれから始めればいいことですが、料理が好きではないし苦手だという女性はあきらめがちです。

スポンサーリンク

しかしながら、たとえ料理がまったくダメであっても、自宅での食事の話をするだけで充分にアピールできます。
自宅でごはんを食べるというのは、外食に頼らなくてもある程度自分で食生活を送ることが出来るという印象につながりますから、積極的にアピールしましょう。


「昨日の夕食に添えた納豆が美味しかった」「けさは食パンにハムとレタスを挟んで食べた」といったような、ファストフードやスーパーの総菜のような既製品の名前を出さない発言がポイントです。
イタリア産のオリーブオイルを買ってみたとか皇室御用達のお醤油が美味しかったというように、調味料にこだわっているという発言も、料理の得手不得手に関係なく男性に好印象を与えやすいのでおススメです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加