MENU

男性が冷める過去の恋愛の話をしたがる女性

スポンサーリンク

男性からいつでも声をかけられて羨望のまなざしを向けられている女性というのは、常に彼氏がいて恋愛を楽しんでいるというイメージがあります。
そのため、男性にとってみれば今までに恋愛経験が豊富であらゆる素敵なスペックの高い男性とお付き合いをしてきた女性のほうが魅力的に見えると考えるひともいるようです。


しかしながら、だからといって男性の前で今までの恋愛遍歴や元彼の話をペラペラと話す女性というのは、むしろ男性から敬遠される代表格です。
そのような過去の話をデリカシー無くどんどん聞かされていると、この女性は脈がないと感じたり自分ではない別の男性とでも充分に楽しく生活していけると考えたりして、恋愛欲は一気にダウンしてしまいます。

スポンサーリンク

たとえば、気になるひとと食事をしているときに「別れた彼女もこのワインが好きだった」とか「以前に似たような好みの女性と付き合っていた」と聞かされたら、どう思うでしょうか。
感じ方は人とそれぞれだと思いますが、けっして良い気分になるということはないはずです。


なかなか告白されないという女性にかぎって「大手銀行の男性と付き合ったことがある」とか「元彼と来たことはない」とか、過去の異性の話を出そうとしがちです。
これでは、男性が恋愛対象として見てもらえなくても当然ですし、嫌悪感すら持たれてしまいます。
恋愛経験が多かったりスペックの高い男性と付き合った経験があったりすることがモテる女性の条件では、けっしてありません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加