彼氏がほしいけど作り方がわからない!そんな貴女に贈る

MENU

恥じらいを忘れてはいけない

スポンサーリンク

女性らしい恥じらいを忘れてしまっては、男性に女性扱いされなくても仕方ないです。

 

心のなかでどう思っているにしても、男性に女性らしさ、そして多少そのイメージをこわさないように努力できるかどうかが、彼氏ができるかどうかを左右するポイントだったりします。


そして恥じらいを忘れないということで、友人としか思っていなかった異性に、自分のことを女性として意識させることもできるのではないでしょうか。

 

そうしたこともあって、まずは彼氏が欲しいのであったら、すこし恥じらうところは恥じらうフリをする、ぐらいのサービスは欲しいですね。

 

興ざめさせたらせっかくの努力も無駄です。

スポンサーリンク

それでも自分は自分、と思えるくらい強い人だったら、そうしたスタイルで突き進んでいけばいいのですが、だいだい一般的な人が、常識的な線で落ち着くものですから、あまりにも男女差なく打ち解けてしまうのはあまりいいことではないのです。

 

そして恥じらいというのは、どんなに年齢を重ねてもそうしたところは持ち合わせていたいものです。

 

若い場合は、恥じらいなど関係ない、と結構大胆になりがちですし、テレもあるのかもしれません。


でも年齢をかさねて恥じらいがないのは、ただのおばさんになってしまうので、それだけは年を重ねるごとに、しっかりしおらしさとか、恥じらいとかを思い出す?ようにしたほうがいいでしょう。

 

女性らしい、恥じらいのフリだけでもしないと、男性の夢を壊してしまいます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加