彼氏がほしいけど作り方がわからない!そんな貴女に贈る

MENU

焦らず徐々に男性との距離を縮める

スポンサーリンク

彼氏が欲しいと物欲しそうにしていると、かえってよい縁を呼び込みにくくしてしまうので、もし彼氏が欲しいと思っていても、それを明らかに態度に出したりしていては、その物欲しさにつけ込まれる場合があるので、気を付けましょう。

 

あなたも当然だれでもいいから付き合いたい、などとは思っていないでしょう。


自分が好きで、相手にも好きになってもらって、二人でよいおつきあいをしたいと思っていても、相思相愛までいけるのはそう多くはなく、どうしてもどちらかが多く相手のことを思うようになります。

 

愛情の量が交互に行き来するようであれば、ちょうどバランスがとれているのでしょう。

 

相手に上手をとられてばかりいないように注意する必要があるのです。

スポンサーリンク

そして焦らずに徐々に関係を深めるようにしてください。

 

時間をゆっくりとかけて、相手を理解する様に、そして自分のことも分かってもらうようにしてください。

 

距離はすこしずつ縮まって、だんだん相手のことを意識するようになる、という形が一番いいです。

 

急接近もいいですが、ときにそういったことは、早い破局、そして倦怠期も早くやってきてしまいます。


時間をかけて関係を育んだほうが、じれったいかもしれませんが、実際は関係としては長持ちするものです。

 

ちょっと物足りない、もうすこし一緒にいたいくらいの気持ちを残してあとに続けた方が、関係としてはずっとどきどきを保てます。

 

そうした駆け引きの楽しさも恋愛の一部分です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加